2014年09月

2014年09月18日

【軍事】ソニー 無人飛行機「ドローン」開発へ

1:2014/08/28(木)05:53:20 ID:
ソニー 無人飛行機「ドローン」開発へ
8月28日 4時56分


「ドローン」と呼ばれる無人飛行機を世界的なIT企業などがビジネスの現場で実用化しようという動きが相次ぐなか、大手電機メーカーのソニーがドローンの実用化に向けた開発に乗り出したことが明らかになりました。

「ドローン」を巡っては、アメリカの「アマゾン・ドット・コム」が荷物の新たな輸送手段にする計画を打ち出すなど、世界的なIT企業を中心にビジネスに活用しようという動きが活発になっています。
関係者によりますと、このドローンについて、ソニーが実用化に向けた開発に乗り出したことが明らかになりました。
ソニーは、デジタルカメラなどに使われる目の役割を担うセンサーで世界トップのシェアを握っていて、この技術をドローンに活用し、
人の目視では確認しづらい老朽化したトンネルや橋などのインフラを点検したり、農作物の生育状況を調査したりする用途を検討しています。
ドローンがもたらす経済効果は「空の産業革命」とも呼ばれ、ドローンを推進するアメリカの非営利団体の試算では2025年までにアメリカだけで8兆円を超えるとされています。

テレビ事業が10年連続で赤字となるなど、本業の立て直しが課題となっているソニーにとって、新たな事業を収益の柱に育てられるのか注目されそうです。

ドローンは幅広い用途で検討
ドローンを巡っては、アメリカのアマゾン・ドット・コムが去年12月、ドローンを使って商品を配送する構想を発表し、先月、FAA=連邦航空局に屋外で試験飛行を始めるための許可を申請しました。
また、フェイスブックもことし3月、ドローンを使ってインターネットが接続できる地域を全世界に拡大する計画を発表し、太陽光発電によって長時間飛行できるドローンの開発を進めています。
さらにグーグルもドローンと気球や人工衛星を使ってインターネットの接続地域を拡大する事業を計画しています。

◎全文は下記からどうぞ。

NHKニュースweb 8月28日付け
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140828/t10014144421000.html
続きを読む

nihonhazimattana at 21:59コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月09日

【日本始まった】錦織選手を越えるテニス選手!!今期の主な大会全部優勝してグランドスラム達成!!しかもシングル・ダブルス両方優勝!!【スポーツ】

787:2014/09/09(火)09:36:25 ID:
ニュースやメディアは錦織が日本人初の全米で準優勝の話題が持ちきりだが
その裏で車椅子テニスの国枝が今期の主な大会全部優勝して
グランドスラム達成と言う偉業を成し遂げててるのがあまり話題になってなくて寂しい
しかもシングル・ダブルス両方優勝と言う凄いことやってる
続きを読む

nihonhazimattana at 16:31コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月07日

【日本始まった】日本人初の快挙!テニスGS決勝進出!!世界ランク1位のジョコビッチを錦織圭選手が撃破【男子テニス】

1:2014/09/07(日)04:20:11 ID:
テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日、男子シングルス準決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が同大会2011年覇者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 1-6, 7-6 (7-4), 6-3で下し、日本人初で自身初となるグランドスラム決勝進出を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140907-00010003-tennisnet-spo
 

nihonhazimattana at 20:51コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月02日

【日本始まった】SFの世界が実現できる!?空中に3D映像を投影する裸眼3Dディスプレイ開発!!【科学技術UP】

1:2014/09/02(火)12:45:19 ID:
科学技術振興機構(JST)と慶應義塾大学はこのたび、特殊な
眼鏡なしで、しかも広範囲から両眼視差と運動視差を持った
立体映像を見られる裸眼3Dディスプレイ開発したと発表した。


以下引用
ポイント
・3D映像が空中に投影される裸眼3Dディスプレイ
「HaptoMIRAGE(ハプトミラージュ)」を開発。
・今回開発したディスプレイでは、複数のユーザーが同時に
それぞれの立ち位置から適切な3D映像を閲覧可能。3D映像を
中心として約150度の広い視野角を実現。
・直接手で触れる、空中に絵を描くなど3D映像との直接的
な接触体験が可能となり、博物館展示、電子看板(デジタル
サイネージ)、業務用ゲーム機械(アーケードゲーム)など
さまざまな応用が期待される。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース

科学技術振興機構(JST)
慶應義塾大学
2014/09/01
[プレスリリース]
空中に3D映像を投影する裸眼3Dディスプレイを開発

裸眼で3D映像ディスプレーを開発 位置限定なし 慶応大

http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2014/osa3qr0000008d0x.html
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2014/osa3qr0000008d0x-att/140901_1.pdf
続きを読む

nihonhazimattana at 23:25コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ