2014年08月15日

【日本始まった】富士フイルムのインフル治験薬がエボラ出血熱治療になる!?承認手続きへ!!【医療技術】

1:2014/08/07(木)19:53:00 ID:

  8月7日(ブルームバーグ):米政府機関はエボラ出血熱の治療に富士フイルムホールディングス のインフルエンザ用治験薬を利用できるよう承認手続きを急いでいる。
西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱による死者は過去最悪水準に上っている。

米国防総省のエイミー・デリックフロスト報道官によれば、富士フイルムの米国での提携相手であるメディベクター(ボストン)は
この治験薬「ファビピラビル」をエボラ出血熱感染者の治療に使えるよう申請する意向で、米食品医薬品局(FDA)と協議している。
承認されれば、エボラ出血熱の感染者治療で米当局が承認する初の医薬品の一つとなる見通し。
同報道官によると、国防総省はファビピラビルについて、エボラ出血熱に感染したサルでの試験完了を優先させる方針。
試験終了後の審査プロセスも迅速に進められる見込みだという。サルを使った試験の暫定的なデータは9月中旬に得られる見通しだとしている。
ファビピラビルは既にインフルエンザ感染者の抗ウイルス剤として治験が重ねられており、エボラ出血熱の治療に適用する上で優位性がある。現在はインフルエンザ治療薬として米国での治験の最終段階にある。
メディベクターの広報担当者に対し、ファビピラビルをエボラ出血熱感染者に適用する可能性について5日に取材を試みたが、コメントは得られなかった。
世界保健機関(WHO)は西アフリカでのエボラ出血熱による死者が900人余りに上ったと推計している。

◎全文は下記からどうぞ。

ブルームバーグ 8月7日付け
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9X6ZO6S972F01.html

続きを読む



nihonhazimattana at 12:53コメント(0) この記事をクリップ!

2014年08月14日

【日本始まった】最高速の連写カメラ 1秒間に1兆枚以上に!東大と慶大【技術向上】

1:2014/08/11(月)14:41:57 ID:
1兆分の1秒よりも短い時間ごとの連写撮影ができる世界最高速のカメラを開発したと、東京大と慶応大の共同研究チームが10日付の科学誌ネイチャーフォトニクス電子版に発表した。従来の高速カメラの千倍以上高い性能で、これまで捉えることが難しかったプラズマ現象や化学反応などを鮮明に撮影できる可能性があるという。

全文はこちら 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140811k0000e040071000c.html

依頼です。
◆◆◆ニュー速+ スレ立て依頼所 4◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404577774/592

続きを読む



nihonhazimattana at 12:41コメント(0) この記事をクリップ!

2014年08月08日

【日本始まった】リチウム電池寿命が70年に延びる!従来の6倍以上!!京大GJ【科学】

1:2014/08/03(日)23:25:06 ID:
 家庭用の蓄電池システムなどに用いられる大型リチウムイオン電池の寿命を6倍以上に
延ばす材料の開発に、京都大工学研究科の田中功教授や田中勝久教授、藤田晃司准教
授とシャープの共同研究グループが成功した。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」
で1日発表した。
 大型リチウムイオン電池では、正極にリン酸鉄リチウムが使われる。ただ、充電時に大きく
収縮するためひび割れなどで劣化しやすく、電池寿命の短縮化の原因になっている。
 グループは、量子力学の理論だけを基にした計算手法で、最適な正極の元素の組み合わせ
を探した。その結果、リン酸鉄リチウムのうち、鉄の一部をジルコニウムに、リンの一部をケイ
素にそれぞれ置き換えると体積変化が大幅に減ることが分かった。

続きはこちらから↓ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00000001-kyt-l26

続きを読む



nihonhazimattana at 23:25コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ